究極のモフリビリティーは鳥のお尻にある! もふもふと癒やしの喫茶4コマ——『とりきっさ!』(ノブヨシ侍)

 動物は2種類しかいない。もふれるやつと、もふれないやつだ。

 というような言葉があるわけではないのだけれども、もふもふ感というのは動物を愛でる観点のひとつとしてすっかり定着した。で、このもふれる感(モフリビリティー)が高い動物としてよくあがってくるのは何かというと、やはり犬(特に子犬)や猫(特に子猫)がその代表。続いて、うさぎやハムスター、パンダや鳥、アザラシといった動物があがってくる感じだ。

»続きを読む

f人魚 1 (ヤングジャンプコミックス)Amazon.co.jp

f人魚 1 (ヤングジャンプコミックス) [書籍]
著者: G3井田
出版社: 集英社
価格:

著者: G3井田

出版社: 集英社

出版日: 2013-06-19

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 140

ISBN: 4088796020


誤解の上だけを突っ走る、幻のイチャイチャ感——「f人魚」(G3井田)

それをいったらおしまい、というフレーズがある。たとえば「かわいいから許す」。身も蓋もなさすぎて、もはや二の句は継げないし、かといって、あまりに主観的すぎてそこにほとんど語られるべき内容もない。なので、何かについて少なくともこんなふうに話をするのであれば、「かわいいから許す」というのは禁じ手なのだ。

»続きを読む

オンノジ (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)Amazon.co.jp

オンノジ (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス) [書籍]
著者: 施川ユウキ
出版社: 秋田書店
価格:

著者: 施川ユウキ

出版社: 秋田書店

出版日: 2013-04-19

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 190

ISBN: 425314294X


世界の終わりとシュールギャグ……悲しいときは「オンノジ」を思い出そう——「オンノジ」(施川ユウキ)

「最近のオススメは?」と100人に聞かれて、100人にとはいわないまでも、80人か90人くらいには自信を持って薦められる作品というのがある。もちろんそれは素晴らしい作品だ。だけど、じゃあ、あくまで個人的に、自分が墓場まで持っていきたい作品は何かと聞かれたら、案外そういう作品じゃなかったりすることがある。

»続きを読む

彼とカレット。Amazon.co.jp

彼とカレット。 [書籍]
著者: tugeneko
出版社: アスキー・メディアワークス
価格:

著者: tugeneko

出版社: アスキー・メディアワークス

出版日: 2013-03-27

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 128

ISBN: 4048916521


新ジャンル:ほのぼの暴力4コマ——「彼とカレット。」(tugeneko)

突然ですが、クイズです。週刊アスキーPLUSで連載中の4コママンガ「彼とカレット。」(tugeneko)はどんな作品でしょう? 次の5つから選んでください。

»続きを読む

アキタランド・ゴシック (1) (まんがタイムKRコミックス)Amazon.co.jp

アキタランド・ゴシック (1) (まんがタイムKRコミックス) [書籍]
著者: 器械
出版社: 芳文社
価格:

著者: 器械

出版社: 芳文社

出版日: 2012-03-27

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 120

ISBN: 483224132X


建て増しされるアキタランドの想像力——「アキタランド・ゴシック」(器械)

「後付けの設定」というのは、通常物語にとってよろしくないことのひとつだ。ご都合主義的にコロコロ変わる世界観は、たいてい整合性を欠きはじめるし、読者の物語への信頼度を下げる。設計図のない建設物みたいなもので、多くの場合うまくいかない。

»続きを読む