レビュー:女子の本音マンガの最終兵器、モテ系女子のぶっちゃけトーク――「アラサーちゃん」(峰なゆか)


「アラサーちゃん」(峰なゆか)

女の子のぶっちゃけ話というのは、男にとって怖いんだけど聞いてみたいものでして。いざ聞けばたいがい手厳しいご意見で、いつの間にか「だからお前はダメなんだ」という説教を食らうハメになっていて、「好奇心、猫を殺す」っていうのはこういうことかと歯がみすることになるのが常なんですが、それでもしばらくすると、やっぱり覗き見たいという気持ちがムクムクとわき上がってくるから不思議なものです。ドMでしょうか、いいえ、誰でも。

そういうことを考えていくと、「臨死!!江古田ちゃん」(瀧波ユカリ)に代表される、現在の女のあけすけぶっちゃけ話4コマというジャンルは実に素晴らしいジャンルだと気付かされます。多少の胸の痛みはあるものの、基本的にマンガなので、返答やリアクションを誤って罵倒の矛先が自分に向く危険性がないわけですから。非モテとまでは言わないまでも、どちらかというと“だめんず”を渡り歩く日陰っぽさがウリの「江古田ちゃん」だけでなく、ややビッチ系女子のぶっちゃけ話を描く「miifa」(ひなきみわ)など派生的な作品が出てくるのも納得です。

さて、日陰系、ビッチ系と来たところで、いよいよ出てきたのが「アラサーちゃん」(峰なゆか)です。本作は一言でいえば、女子力高い系女子が主人公。作者が出会った上玉女子のモテテクを詰め込んで作り上げたという、まさに女子力の集大成たる30歳女子が「アラサーちゃん」というわけです。「江古田ちゃん」でいうところの“猛禽”の類ですね。何が違うって、まずアラサーちゃん派基本的に服着てますから。「アパッチ野球軍」ばりに「俺たちゃ裸がユニフォーム」の「江古田ちゃん」「miifa」に慣れきっていた僕には、着衣がすでに衝撃でした。思わず「これがモテ力か!!」と叫びそうになりましたが、よく考えると大人としてごく当たり前のことでした。

それはともかく、「モテ女子×ぶっちゃけ話」というのはほぼ反則といってもいい組み合わせですです。そもそもぶっちゃけ話というのは、基本的に「言ったら引く」レベルだから面白いわけで、ある種「モテ」の対局にあるジャンルです。だから、モテる女のネタバラし的話なんていうのは、禁じ手であり、リアルで我々が決して聞くことのできないタイプの話題といえます。仮に聞けたとしたら、完全に眼中にないという大変ご愁傷様な状況なので、思う存分泣いてください。

と、こう書くと「でも、所詮モテ系なんてどぎついネタはないんでしょ?」と思われるかもしれませんが、バイブの話だの乳首の色の話だの、ここに書くといろいろ問題がありそうな局所の名称だのもバリバリ出てくるので、切れ味に関しては折り紙付きです。合コンをゲームとして再定義する話なんかは、斬新かつモテ系ならではで笑えるやら、怖いやら。

男にとって最大の秘境であるモテ系女子の本音を垣間見られる、大変貴重な1冊ですので、モテ・非モテ問わず覗き見感覚で読まれるといいかと思います。ただし、経験上この手の作品を読んで女心をわかった気になって得意げに話すと、たいがい最終的に説教を食らうハメになって、「好奇心、猫を殺す」とはこういうことかと(以下略)。

Amazon.co.jp

アラサーちゃん (ダ・ヴィンチブックス)

アラサーちゃん (ダ・ヴィンチブックス) [書籍]

著者: 峰 なゆか

出版社: メディアファクトリー

出版日: 2011-11-18

商品カテゴリ: 単行本(ソフトカバー)

ページ数: 127

ISBN: 4840142912


記事:小林聖
フリーライター。ネルヤ編集長。Twitterアカウントは@frog88

関連リンク
アラサーちゃん

1件のコメント for レビュー:女子の本音マンガの最終兵器、モテ系女子のぶっちゃけトーク――「アラサーちゃん」(峰なゆか)

  • meriesan より:

    サイト開設おめでとうございます!
    ご紹介のマンガ、先月多くの方に惜しまれつつ閉店されたジュンク堂の新宿店さんでも、アツいPOPと共に陳列されていたのをお見かけしました。
    時間が無かったのでチラ見した程度ではありましたが、打算も計算もあるモテ女のぶっちゃけ話、けれどどこか下品ではない。ふんわりとしたプライドのようなものが透けて見えて少し可愛くもある(とか言うとめちゃくちゃ怒られそうですが(^_^;))感触を得ました。思いがけずこちらで再開でき、やはりこの漫画は面白いんだなと確信して嬉しかったです。
    これからも毎回更新を楽しみにしています!

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)