永遠の青春と青春の終わりが交錯する世界——「MIX」(あだち充)

「ギャラリーフェイク」(細野不二彦)や「究極超人あ〜る」(ゆうきまさみ)など、伝説的名作が、特別に復活を遂げる企画、「ヒーローズ・カムバック」がさまざまなところで話題を呼んでいるが、今年最大の“復活”といったら、やはり真っ先に上がるのはこの作品だろう。あの「タッチ」から26年たった明青学園を舞台にしたあだち充の新作「MIX」だ。

»続きを読む

恋に潜む業を描き出す淡々とした筆致——「恋スル古事記」(近藤ようこ)


「恋スル古事記」(近藤ようこ)
教養書度:★★★½☆
恋愛度:★★★½☆
人の業:★★★★½

»続きを読む

“物語”を放棄したバカマンガ界の革命的作品――「絶品! らーめん娘」(友木一良)

バカマンガというジャンルが僕は好きだ。一抹の意味すら拒絶するように、もはや使命感に燃えているとしか思えないレベルで、大の大人がひたすらバカであることを追求している姿には、一種に爽やかさすら感じる。だから、当サイトのレビューでは、たびたびこのバカマンガというジャンルに当たる作品を(作者に病院へ行くことをおすすめしつつ)紹介している。

»続きを読む

家族という宿題をめぐる女の歳時記――「そして、晴れになる」(天堂きりん)

家族は「〆切のない宿題」に似ている。たいていの人にとって、「家族」は人生で一番最初の日常だ。当たり前のようにそこにあり、自分が幼年期、思春期とどんどん変化していっても、四六時中一緒にいる家族というものの変化には気付きにくい。だから、普段、家族というものについて、改まって考える機会があまりない。

»続きを読む

ラブコメ史上屈指の無理ゲー! バーコードハゲのオッサンになった元美人妻とその夫の恋の結末は?——「パパがも一度恋をした」(阿部潤)

森高千里のヒット曲に「私がオバさんになっても」という曲がある。30代前後の人なら説明不要の有名曲で、タイトルどおり、「今は若い自分が年を取ってからも今と変わらず愛情を注いでくれるのか?」という歌詞だ。これ、正直いってけっこう怖い問いかけだ。何でもかんでも若いほうがいいとはいわないけど、じゃあ、今相手がお爺ちゃんやお婆ちゃんになったら、誰だって戸惑うだろう。

»続きを読む

ペットマンガはなぜ幸福なのか? ディスコミュニケーションの幸せを噛みしめる1冊――「いくえみさんちの白い犬」(いくえみ綾)

いくえみ綾といえば、愛猫家の作家として有名で、飼い猫に関するエッセイマンガだけでも複数単行本になっている。そのほかの作品でも柱やあとがきマンガで飼い猫のことを描いていることが多いので、彼女のペットマンガを読んだことがある人は多いだろう。

»続きを読む

露出オーバーの空に広がる、寂しげな救い――「ゴーグル」(豊田徹也)

10月終わりからしばらくの間、書店はとても幸福な場所になっている。多くの書店で「ゴーグル」(豊田徹也)が、豊田徹也の作品が手に取りやすい場所に積み上げられているはずだからだ。

»続きを読む

上質な乙女刺激成分とミステリーの出会い——「マダム・プティ」(高尾滋)


「マダム・プティ」(高尾滋)
ロマンス度:★★★★½
ミステリー度:★★★½☆
かわいさ:★★★★½

»続きを読む

猫マンガの新機軸……なのか、これ?——「猫のホストクラブ」(黄島点心)


「猫のホストクラブ」(黄島点心)
癒やし度:★★★½☆
ギャグ:★★★½☆
人情感:★★★½☆

»続きを読む

読み手を“ここではないどこか”に運び、“今この世界”に着地させる想像力——「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子」(九井諒子)

今「面白い短編を読みたい」といわれたら、僕はたぶん真っ先に九井諒子の名前を挙げるだろう。「面白い」の意味するところが人によって違うのは承知の上だ。それでも、九井諒子という人の想像力は、絶対に見逃せない。

»続きを読む

法制度をモチーフに、法が救えぬ心を描く——「理不尽のみかた」(柳原望)


「理不尽のみかた」(柳原望)
法律うんちく度:★★★☆☆
コメディ度:★★★★☆
ハートフル度:★★★★☆

»続きを読む

コメディっぽさとシリアスさが上手に融和した学園ストーリー——「きみのとなり」(チェリー)


「きみのとなり」(チェリー)
ギャグっぽさ:★★★★☆
 切なさ:★★★★☆
静かな友情:★★★★☆

»続きを読む

今年度屈指の「バカの結晶」に宿った、非モテのメンタリティ——「抱かれたい道場」(中川ホメオパシー)

「抱かれたい道場」(中川ホメオパシー)は、バカ枠のマンガである。バカ枠、つまり、いい大人が真剣にバカバカしいことをしてやろうと考え抜き、「まじめなメッセージなどビタイチ入り込ませてなるものか」という強靱な意志によって生み出された作品だ。「バカ」がもし化学物質か何かだったら、ろ過して煮詰めてできた結晶は本書の形になっているに違いない。

»続きを読む

“真実”が散在するポスト3.11の世界で、噛み合わないまま恋に落ちる2人——「Young,Alive,in Love」(西島大介)

今さらいうまでもなく、3.11は明らかにこの国を揺るがし、巨大な変化をもたらす出来事だった。「だった」というよりも、あの日以来、それは現在進行形で続いている。

»続きを読む

「こんな父親はイヤだ」今年度No.1、だけど彼は憎めない――「秋津」(室井大資)

さて、問題です。小学生の息子が女の子からプレゼントを貰ったきました。思春期の入り口の、ちょっと微笑ましい感じのモテエピソード、父親としてどんな言葉をかけるでしょう?

»続きを読む

感情の機微がわからない彼が演劇に挑戦すると……超展開の嵐!!――「犬神もっこす」(西餅)


「犬神もっこす」(西餅)
シュールさ:★★★★☆
予想外さ:★★★★☆
ほんのりヒューマン:★★★½☆

»続きを読む

マンガ家の夢か、就職か。今年一番エグい30代の就職物語——「花咲さんの就活日記」(小野田真央)

誇張とかでなく、夜中に読んでいて思わず叫びそうになった。奮い立つような気持ちではない。あまりに辛くて、だ。「花咲さんの就活日記」(小野田真央)は、それほどしんどく、僕の心をえぐってきた。

»続きを読む

藤代さん系。 (マーガレットコミックス)Amazon.co.jp

藤代さん系。 (マーガレットコミックス) [書籍]
著者: 湯木 のじん
出版社: 集英社
価格:

著者: 湯木 のじん

出版社: 集英社

出版日: 2012-09-25

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 200

ISBN: 4088468333


自分に失望するよりも辛いことは何か?――「藤代さん系。」(湯木のじん)

マジメで優等生。だけど、要領が悪いのか、意外と成績が良くなかったり、報われないタイプというのがいる。読み切り集「藤代さん系。」(湯木のじん)の表題作で主人公を務める藤代さんはそんなタイプだ。

»続きを読む

自分のために生きることの痛み――「リーチマン」(米田達郎)

「リーチマン」(米田達郎)は、とても幸福な夫婦の物語だ。でも、同時にどこか不安で心許ない気持ちにさせる作品でもある。

»続きを読む

タイトル詐欺注意。「ほどほど」企画を極上に仕上げる手腕――「ほどほど日記」(みずしな孝之)


「ほどほど日記」(みずしな孝之)
ほどほど感:★★★☆☆
寝る前に少しずつ読みたい:★★★★☆
老若男女問わず読める:★★★★★

»続きを読む

変わらないという静かな変化——「繕い裁つ人」(池辺葵)

入り口から一歩入った室内に、ポツンと置かれたミシンとその主である女性。「繕い裁つ人」(池辺葵)で描かれる南洋裁店の風景は、基本的にたったそれだけだ。そこには寂しいような、それでいて凛としているような、不思議な静寂さが漂っている。

»続きを読む