荒木飛呂彦を超える人気はあの人! 「#この人が描いたガリガリ君パッケージが見てみたい」が盛り上がる

6日夕方からTwitter上で「#この人が描いたガリガリ君パッケージが見てみたい」というハッシュタグが広がっている。

»続きを読む

ドM男とドS女子高生の、なぜか甘ったるいラブコメディー――「待て!モリタ」(松本藍)

「マゾもの、SM系マンガなんですよ」というと、どういうイメージを持つだろうか? 好き嫌いはともかくとして、とりあえずかなり変態入った話を想像するんじゃないかと思う。

»続きを読む

マンガ家は“育てる”から“独力で育つ”時代に? 竹熊健太郎が新人賞でなく企画大賞を提案

マンガ原作なども手がける編集家・竹熊健太郎氏が、高額賞金を掲げるマンガの新人賞の登場に触れ、マンガ家のデビュー、発掘に対する持論を展開している。

»続きを読む

窓に「パーマ」と書かれた美容室、入ったことある? “一見”に勝る彼女のレポート――「謎のあの店」(松本英子)

「百聞は一見にしかず」という言葉があるけれど、ときどき一聞が一見に勝ってしまうときがある。「謎のあの店」(松本英子)はそういう作品だ。

ぱっと見、営業しているんだかしていないんだかわからないお店、本当にこれで商売が成り立っているのかという商店街のしなびたお店、流行なんかとはまったく違うベクトルに振り切っているお店などなど……。気になるけど、実際に入るにはちょっと勇気がいる店というのがある。たぶん誰でも、当たり前の景色のように見てはいるけど、ついぞ入らず終いだったなんてお店があるはずだ。

本作は、そんな怪しげなお店に松本英子が実際に足を運び、レポートしたマンガだ。

»続きを読む

インパクト大の猛男Tシャツ着用者も多数!! 「俺物語!!」サイン会でTLからも熱気

三省堂書店新横浜店で2日、「俺物語!!」2巻発売を記念して、作画担当のアルコ氏と、原作の河原和音氏揃ってのサイン会が行われた。

»続きを読む

コスプレも多数! “ファンへの恩返し”が形になったドラえもん「特別住民票」贈呈式

ドラえもんの誕生日である9月3日、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムにて、ドラえもんの「特別住民票」贈呈式が行われた。

今年の誕生日は、ドラえもん誕生のちょうど100年前にあたる、ファンにとっては記念すべき日。夏休みも終わったばかりの平日というタイミングにもかかわらず、ミュージアムには朝から1000人を超える来場者が訪れ、この愛すべきキャラクターの誕生日を祝っていた。

»続きを読む

120年後には選挙権も? 生誕100年前記念で川崎市がドラえもんに「特別住民票」を贈呈

9月3日、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムにて、ドラえもんに川崎市から「特別住民票」が贈呈された。

今年9月3日は川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムの開館1周年の記念日。そして、2112年9月3日が誕生日であるドラえもんの、生誕100年前の記念日でもある。今回の特別住民票贈呈はこのアニバーサリーイヤーを記念したものだ。

»続きを読む

ウェディングドレスからふんどしまで語り尽くすファッションエッセイ――「裸で外には出られない」(ヤマシタトモコ)


「裸で外には出られない」(ヤマシタトモコ)
笑える度:★★★★☆
ズボラ度(推定):★★★☆☆
えー、女の人ってそうなの度:★★★★★

»続きを読む

「じょしらく」で“フキダシ係”を自称する、その矜恃と美学――「さよなら絶望先生」(久米田康治)

フキダシ係って何なんだろうなーとずっと思っていた。

マンガ「じょしらく」(漫画:ヤス/原作:久米田康治)において、久米田康治は一貫して自分の役割を「フキダシ係」と表現している。「さよなら絶望先生」(久米田康治)最終巻である30巻の巻末では「吹き出しのアルバイト」とまで書いている。

»続きを読む

「黒バス」が8月の31日間ほぼ連続バズワード入り

Twitter上のバズワード(つぶやきの多い流行語)を告知するbuzztterで、「黒バス」こと「黒子のバスケ」(藤巻忠俊)が、8月、31日間ほぼ連続バズワード入りを果たした。

»続きを読む

「死因=カラスヤサトシ」で俺が死ぬ――「モテないのではないモテたくないのだ!!」(カラスヤサトシ)

本書は危険な作品である。

まずタイトルからしてヤバい。「モテないのではないモテたくないのだ!!」。

»続きを読む

テーマは意外と多種多様。女性マンガの新テーマ・処女マンガをチェック

男性マンガではもはやスタンダードにもなりつつある“非モテ”。女性マンガの世界でも“干物女”という言葉を定着させた「ホタルノヒカリ」(ひうらさとる)など、恋愛に苦手意識を持つ女性を主人公にした作品が増加傾向。特にここ数年では、さらにダイレクトに彼氏いない歴=年齢の、大人の処女を題材にした作品が急増中だ。

今回は男性マンガの“非モテ”系とはひと味違う、処女マンガを特集!

»続きを読む

「鉄腕バーディー」読み切り&ラフスケッチ集付属の月刊!スピリッツ、オンラインで売り切れ続出

27日に発売された月刊!スピリッツ10/1月号が売り切れた書店が多くなっているようで、Twitterでは“難民”の声が増えている。

»続きを読む

「女子」の縮小再生産から抜け出させてくれる、「30代女子」への解答――「君の天井は僕の床」(鴨居まさね)

鴨居まさねは少女マンガの新しい地平だと思う。

少女マンガは、伝統的に老いを描くのが苦手なジャンルだ。というより、加齢というテーマ自体が女性にとって難しい問題なのだ。

»続きを読む

「マイナー観」のパターンも見える? 「#マイナーだけど無茶苦茶面白い漫画上げてけ」がトレンド入り

27日夜から本日28日にかけて、Twitter上で「#マイナーだけど無茶苦茶面白い漫画上げてけ」というハッシュタグが活性化している。

Yahoo!のリアルタイム検索で調べると、27日だけでも同ハッシュタグを使ったつぶやきは1万1000件以上。本日28日も16時時点で1万2000件を超えており、Twitterの国内トレンドワードにもたびたび入っていた。

»続きを読む

静寂の音が鳴り響く、寂しいときに泣けなくなった大人のための傑作集――「ミシンとナイフ」(志村志保子)

「ミシンとナイフ」(志村志保子)には静寂の音が鳴り響いている。

今回取り上げている「ミシンとナイフ」は、もともと刊行されていた「ミシンとナイフ」と「ブザー、シグナル ゴー ホーム」の2冊の単行本から選んだ作品5本と未収録作品1本を収録した文庫版だ。いずれも古い作品で、もっとも新しい「ランゲルハンス島まで」でも14年も前の作品になる。

だけど、少しも古びていなかった。

»続きを読む

comicリュウ編集長を直撃! その勢いの秘密がわかっ……ダメだ、わかんなかった

今、comicリュウくらい雑多なマンガ誌はないと思う。SFあり、人外萌えあり、男の娘あり、何でもありなのだ。たとえば、「冥王計画ゼオライマーΩ」(原作:ちみもりを/作画:ワタリユウ)と「きのこいぬ」(蒼星きまま)、「まんがの作り方」(平尾アウリ)が同じ雑誌に載っているなんて、単行本だけ見ていたら誰も想像できないだろう。

そんなcomicリュウ編集部の飲み会に参加する機会を得たのが先日のこと。「編集長のこととか書いてもいいですよ!」という言葉を鵜呑みにして、その独特のパワー、勢いの秘密を探るべく編集長を直撃した。

»続きを読む