正しい青春劇は“ジャンプイズム”と対立する——「クロス・マネジ」(KAITO)

誤解を恐れずにいうならば、「クロス・マネジ」(KAITO)は、本来ジャンプ作品ではない。

»続きを読む

チャリティ企画でヤフオク出品の「ちはやふる」出演権、最終入札価格は100万円を超える

「ストーリー311」プロジェクトのチャリティ企画の一環としてヤフオクに出品されていた「ちはやふる」(末次由紀)出演権への入札が20日夜終了。最終入札件数は241件、入札額は100万1000円に達した。

»続きを読む

結局ラーメンは食べられるのか? 「絶品! らーめん娘」堂々の完結にブロガーらから惜しみない讃辞

18日に発売されたヤングマガジン2013年16号にて、「絶品! らーめん娘」(友木一良)が最終回を迎えた。これを受け、Twitterでも言及数が急増。ブログなどの言及もあり、19日には92件と平時の4倍から数十倍に増えている。

»続きを読む

WJで「重版出来」に「じゅうはんでき」とルビが振られたことから、「でき」をめぐる考察に

17日発売の週刊少年ジャンプ2013年16号で、「重版出来」に「じゅうはんでき」のルビが振られていたことがきっかけとなって、「重版出来」の読み方、慣例が一部で話題になった。

»続きを読む

「ちはやふる」プリッツ、そういえばまだ買ってなかったなあ……2013年2月の記事ランキング

東京はすっかり春めいてきて、梅が咲き始めています。そんななか、2月の記事ランキングをお届けします。振り返ってみると、2月はなんだか講談社関係の記事が多い感じですね。

»続きを読む

鳥山明の衣鉢を継ぐ、少年マンガのど真ん中——「七つの大罪」(鈴木央)

昨年の暮れに、マンガ好きの人と2013年の各マンガ誌の話になったとき、「来年は週刊少年マガジンが勢いづくと思う」と言われたことがあった。いろいろ根拠なども聞きつつ、そのときは「ふーん、そうなのか」くらいに思っていたのだけれど、蓋を開けてみたら、本当に今年のマガジンは勢いを感じさせる雑誌になっている。読み切りの「聲の形」(大今良時)が大きな反響を呼び、即連載化が決定したりと、とにかくパワフルな動きが目立っている。

»続きを読む

青木俊直、Kindleでのコミック出版サポートスクリプトを公開……content.opfを自動生成

マンガ家の青木俊直氏がKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)用のマンガデータ作成をサポートするスクリプト生成プログラム「opfジェネレーター」をウェブ上で公開した

»続きを読む

争点はどこなのか? ヤマザキマリ担当弁護士によるコメントも出された映画「テルマエ」原作使用料をめぐる10日間

3日、TLで話題を呼び続けてきた、映画「テルマエ・ロマエ」の原作使用料問題について、原作漫画の作者・ヤマザキマリ氏の代理人を務める四宮隆史弁護士がコメントを発表した。同コメントで四宮氏は、マンガ「テルマエ・ロマエ」の権利関係について整理するとともに、映画を手がけたフジテレビに批判が寄せられていることに対し、ヤマザキ氏が「心を痛めて」いるとしている。

»続きを読む

「強敵(とも)」のスピリットを受け継ぐ文系スポ根少女マンガ——「星空のカラス」(モリエサトシ)

「文系スポ根」というジャンルは、マンガの世界では完全に定着した。このジャンルのパイオニアである、百人一首をテーマにした「ちはやふる」(末次由紀)をはじめ、将棋、音楽、クイズなどなど、多種多様なモチーフで、しかも男性誌・女性誌を問わず描かれている。

»続きを読む

一気に緊迫感ゼロに! 「三國志12 PK」で「しばちゅうさん」の顔グラが使用可能に

1日、コーエーテクモゲームスのWindows用ソフト「三國志12 パワーアップキット」が発売され、それに伴って三国志マンガとのコラボキャンペーンが開始された。第1弾のコラボ作品は「漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん」(末弘)。

»続きを読む

試供品が話題になったゼブラのマンガ用Gペン、すでに出荷を開始

昨年Twitter上で話題になったゼブラのマンガ家用Gペンが、すでに本格生産に入り、出荷されていることがゼブラの公式アカウントのつぶやきで明かされた。

»続きを読む

いしかわじゅん、「吉祥寺キャットウォーク」書店用色紙など希望店に直接送付

25日に「吉祥寺キャットウォーク」2巻の発売を迎えた作者のいしかわじゅん氏が、Twitterで書店向けにPOPや色紙を直接送付するとつぶやいている。

»続きを読む

悲劇の上を走る、軽やかな喜劇——「あるみちゃんの学習帳」(金田一蓮十郎)

金田一蓮十郎作品は、一言でいうとメドローアだ。

メドローアは、「DRAGON QUEST ダイの大冒険」(原作:三条陸/漫画:稲田浩司/監修:堀井雄二)に出てきたオリジナル魔法で、火の魔法・メラと氷の魔法・ヒャドをぶつけることで、とんでもない威力がどうたらこうたらという少年誌らしいハッタリとワクワク感のある呪文だ。ベクトルの違う2つを掛け合わせるこの呪文は「センスがない奴は一生できない」と説明されている。

»続きを読む

おちんちんのために生き、おちんちんによって生かされている、ウンコちんちん系ギャグのお手本——「いきいきごんぼ」(陸井栄史)

実は今回のレビューは、途中まで書いてから1回全部書き直している。最初に書いた原稿は、90年代からのシュール系ギャグの席巻やら、ギャグマンガを分類する2軸など、割とマジメに長めの文章を書いていたのだが、最終的に全部捨てた。

»続きを読む

「神回」の声多数、久保&能町のANN、マンガ家テレフォンショッキングで森川ジョージ、東村アキコなどとバトル

20日未明に放送された「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0(ZERO)」で、「真夜中の漫画家テレフォンショッキング」と題して、現役マンガ家らに対して生電話が行われた。

»続きを読む

コミックスは初動が重要……でも「発売直後に買う」は本当に正しいアクションなのか?

編集長・小林が何となくマンガの話題について考える本コラム。今週は、TLを席巻した「マンガの単行本と初動の問題」について。

»続きを読む

Jコミ、「奇面組」公開でアクセス集中、サーバ増強へ

マンガ配信サイト・Jコミが、17日、アクセス集中のため一時的にサイトへ接続しにくい状況に陥った。その後、緊急でサーバの増強が行われ、夕方には正常化された。

»続きを読む

めざましテレビで紹介の「ムーコ」、一時Amazonコミック部門1位に

15日朝に放送された情報番組「めざましテレビ」で、「いとしのムーコ」(みずしな孝之)が取り上げられた。放送後、第1巻がAmazonではコミック部門のベストセラーランキング1位に浮上するなど、同作の注目度が上がっている。

»続きを読む