少女の上位概念としての「男の娘」——「君の中の少年思考」(金子歩)

「君の中の少年思考」(金子歩)1巻の帯には「ノンケの君にバーン!」というフレーズが入れられている。そう、本作は「エロ大臣」と呼ばれる男子高生の反町と、男の娘系の同級生(男)のラブストーリーなのだ。

»続きを読む

“綾小路翔的漫画大賞”に「四月は君の嘘」

マンガ好きとして知られる氣志團の綾小路翔氏が、15日“綾小路翔的2012年の漫画大賞”を発表。大賞として「四月は君の嘘」(新川直司)をピックアップし、「今年も数多くの素晴らしい作品に出逢う事が出来ました。我が国の全ての漫画家先生達に感謝」とコメントした。

»続きを読む

#俺マン2012 を総決算! ネルヤ初のトークイベント開催

ネルヤ初のトークイベントとなる「ネルヤナイト 俺マン2012スペシャル!!」の開催が決定。2013年1月7日19時より、阿佐ヶ谷ロフトAで行われる。

»続きを読む

ガンスリ・相田裕「一番欲しかった賞」。文化庁メディア芸術祭マンガ部門に「岳」「GUNSLINGER GIRL」など

13日、第16回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が発表された。マンガ部門の大賞は「闇の国々」(ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン/訳:古永真一、原正人)。

»続きを読む

Twitter発のパーソナルランキング企画「 #俺マン2012 」が今年もいつの間にかスタート

11日夜、「#俺マン2012」というハッシュタグがTwitterに登場。ユーザー有志による私的マンガランキング「俺マン」の2012年版が事実上のスタートを切った。

»続きを読む

替え芯は生産継続――三菱鉛筆の消せるカラー芯年内で生産終了の報が一時マンガ家らに衝撃

三菱鉛筆の消しゴムで消せるカラー芯「uni COLOR(ユニカラー) カラー芯シャープペン」が2012年12月で生産を終了するとの報がTwitter上に流れ、マンガ家らに衝撃が走った。その後、生産中止となるのはシャープペン自体で、替え芯は今後も生産が継続されることをニュースサイト・ねとらぼが報じている

»続きを読む

テラフォーマーと猛男が夢の激突!! このマン戴冠で「テラフォーマーズ」と「俺物語!!」がコラボポスター制作

10日、宝島社から年末恒例の「このマンガがすごい!2013」が発売され、オトコ編1位に「テラフォーマーズ」(作:貴家悠/画:橘賢一)、オンナ編1位に「俺物語!!」(作画:アルコ/原作:河原和音)が選ばれた。

»続きを読む

アブノーマル思春期の旗手、ふみふみこのイノセンスとは何か?――「さきくさの咲く頃」(ふみふみこ)

青春というのは、大人になる前の幸福なモラトリアムとして機能している。挫折や失敗があるにせよ、プレ大人としての自由と、子ども的なイノセンスが同居することを許される、輝かしく描かれる季節だ。だが、ふみふみこの想像力は、青春を喪失の物語としてとらえた。

»続きを読む

“ニューウェイブ”という想像力とポスト3.11——「変身のニュース」(宮崎夏次系)

西村ツチカ、ふみふみこ、市川春子といった作家たちが次々と作品を発表し、21世紀のニューウェイブと評されるようになったのは去年あたりだったろうか。いわゆるマンガとはちょっと違う文脈を持った絵柄に、ファンタジーとも現代劇とも言いがたい独特の世界観……彼ら、彼女らの作品群には、そういう不思議な手触りがある。

»続きを読む

「黒子のバスケ」、新刊が出ただけでまさかのトレンド入り

4日、「黒子のバスケ」(藤巻忠俊)20巻が発売された。これを受けて、Twitterでは本作に関する発言が急増。昼ごろから「20巻」「黒バス20巻」といったフレーズがTwitterのトレンドワード入りを果たした。

»続きを読む

編集長の“今月はコレにハマった!”(2012年11月)

1か月にレビューした作品のなかから、ネルヤ編集長・小林が独断と偏見で特にハマったものを厳選してピックアップ。11月はこの6本にハマった!

»続きを読む

これはムッチリマンガだ、断じてぽっちゃりマンガではない——「先生!! 原稿下さい。」(中島守男)

今日はレビューを始める前に大事な話がある。諸君、「ムチムチ」と「ぽっちゃり」は違う。もう一度いおう。「ムチムチ」と「ぽっちゃり」は違う。

»続きを読む

無料公開で紙の本が売れる? うめ「トイボ」1stシリーズがニコニコ静画公開で重版決定

28日、「東京トイボックス」(うめ)の新装版2巻が、ニコニコ静画にて1冊まるごと無料公開された。22日には同作第1巻が無料公開されており、これで「東京トイボックス」は全編が無料で読めることになった。

»続きを読む