とりきっさ! 2 (リュウコミックス)Amazon.co.jp

とりきっさ! 2 (リュウコミックス) [書籍]
著者: ノブヨシ侍
出版社: 徳間書店
価格:

著者: ノブヨシ侍

出版社: 徳間書店

出版日: 2015-07-13

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 106

ISBN: 4199504648


究極のモフリビリティーは鳥のお尻にある! もふもふと癒やしの喫茶4コマ——『とりきっさ!』(ノブヨシ侍)

 動物は2種類しかいない。もふれるやつと、もふれないやつだ。

 というような言葉があるわけではないのだけれども、もふもふ感というのは動物を愛でる観点のひとつとしてすっかり定着した。で、このもふれる感(モフリビリティー)が高い動物としてよくあがってくるのは何かというと、やはり犬(特に子犬)や猫(特に子猫)がその代表。続いて、うさぎやハムスター、パンダや鳥、アザラシといった動物があがってくる感じだ。

»続きを読む

モンスター娘のいる日常 7 (リュウコミックス)Amazon.co.jp

モンスター娘のいる日常 7 (リュウコミックス) [書籍]
著者: オカヤド
出版社: 徳間書店
価格:

著者: オカヤド

出版社: 徳間書店

出版日: 2015-03-13

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 163

ISBN: 4199504419


10年代の人外系マンガはどう変遷したのか?——猫耳化する萌え系人外と獣人化する人外彼氏

 一般商業誌における人外マンガブームというのがいわれるようになって久しい。いわれるようになってというか、僕を含めた一部の人たちが「ブームだ」といいだしてからといった方がいいかもしれないが、アニメ放送開始を目前に控えた『モンスター娘のいる日常』(オカヤド)といったヒット作を筆頭に、いわゆる人外系が増えた、「人外系」というフレーズが定着した感はある。

»続きを読む