悪意なき王国の“悪意”に翻弄される少年少女――「王国の子」(びっけ)


Amazon.co.jp

王国の子(1) (KCx)

王国の子(1) (KCx) [書籍]

著者: びっけ

出版社: 講談社

出版日: 2012-08-07

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 178

ISBN: 4063805840



「王国の子」(びっけ)
ファンタジー性:★★★☆☆
悲劇の匂い:★★★★½
色気:★★★★½

権力の座にはいつも異臭が漂う。権謀術数、悪意、妬み、野心……そういう異臭だ。ある王女の影武者になった少年の運命をめぐる「王国の子」にも、色濃い権力の異臭が漂っており、それが純真な少年少女たちの物語に影を落としている。

だが、本作に漂う権力の異臭は、人が放っているものではない。もちろん悪意を持つ人間は登場する。だが、本質的に少年少女を翻弄しているのは、そういう人々ではなく、意志を持たないはずの王国というシステムそのものだ。絶対的な悪意すら存在しないところに生まれる悲劇の匂いが、「王国の子」には漂っている。そう、少年少女たちだけでなく、きっと本作に登場する誰もが、王国自体に翻弄される、“王国の子ども”なのだ。

【ここにも注目!】
“男装の麗人”も夢があるけれど、女性の影武者を演じる少年は、体格的にもやがて限界が訪れることを約束されている分、独特のはかなさがあるもの。色気ですなぁ。

(このレビューは第1巻時点のものです)

記事:ネルヤ編集部

関連リンク
想像系新雑誌「ITAN」|王国の子|作品紹介|講談社コミックプラス

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)