腹巻き、どてら、上下揃ってない下着……ズボラな彼女の生活を垣間見る快楽(?)――「彼女のひとりぐらし」(玉置勉強)


Amazon.co.jp

彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)

彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス) [書籍]

著者: 玉置 勉強

出版社: 幻冬舎コミックスゲントウシャ

出版日: 2010-07-24

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 123

ISBN: 4344819977



「彼女のひとりぐらし」(玉置勉強)
ズボラ感:★★★★½
女子力:★★☆☆☆
楽園感:★★★★☆

萌えにもいろいろあるけれど、いわば“ズボラ萌え”とでもいう感覚を教えてくれるのが本作。タイトルにあるように、20代半ばで独身、恋人なしという女性のひとり暮らしを淡々と描いたショート集だ。女子のひとり暮らしといっても、きれいな部屋にオシャレな部屋着……みたいな話じゃない。どてらや腹巻き姿全開の、ズボラ感たっぷりの生活を描いている。

女性のひとり暮らしというのがどういうものなのか、残念ながら僕は知らないので、本作で描かれる生活がリアルかどうかは判断しかねるのだが、男やもめのひとり暮らしを長く続けてきた身からすると、これが妙に萌える。この自分の生活に近い感じが、共感でき、安心を感じさせてくれる。“ステキ女子”じゃないからこその萌えだ。くわえて、普段は絶対見せないだろう部分を覗いている感じが、もにょっとエロいんだよなぁ。

【ここにも注目!】
3巻帯には“超おひとりさまストーリー”というフレーズが入っているが、26歳女性が主人公の本作は、アラサーなどのおひとり様のように、結婚や将来設計に対する具体的な不安感は極めて薄い。恋人もいない生活に寂しさを感じることはあっても、モラトリアム的な気楽さが漂っているその生活は、どこかほどよい楽園感を味わわせてくれる。

(本作は全3巻完結です)

記事:ネルヤ編集部

関連リンク
彼女のひとりぐらし (1):刊行情報 | 幻冬舎コミックス GENTOSHA COMICS

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)