恋をすれば生き返れる……ミステリーテイストの“邪道”のラブゲーム――「僕らはみんな死んでいる♪」(きら)


Amazon.co.jp

僕らはみんな死んでいる♪ 1 (クイーンズコミックス)

僕らはみんな死んでいる♪ 1 (クイーンズコミックス) [書籍]

著者: きら

出版社: 集英社

出版日: 2010-10-19

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 204

ISBN: 4088656059



「僕らはみんな死んでいる♪」(きら)
ミステリー度:★★★★☆
ヒューマンドラマ度:★★★★½
“邪道”感:★★★★½

マンガ家マンガ「バクマン。」では、少年誌における“王道”“邪道”という区分がフィーチャーされたが、それでいうならば、本作は“邪道”の女性マンガだ。男女8人が入り交じっての恋物語ではあるのだが、集まった8人は全員が死者。“天国”と説明された場所で、怪しげな神様に「このなかで、恋をしてカップルになったら、その2人は生き返れる」と告げられる、まさに異色のラブゲームなのだ。

面白いのは、恋をめぐる物語でありながら、ラブストーリーというより秘密をめぐるミステリーになっている点。参加者たちはみな、コンプレックスや秘密を抱えているのだが、謎だらけなのは参加者だけではない。このゲームそのものや、それを支配する“神様”もまた、謎に包まれた点が多い。“神様”の目的が何なのか、ゲームの詳しいルールはどういうものなのか、参加者も読者も全貌がわからないまま、ゲームは進んでいく。ただ“恋”と呼ぶには、あまりに複雑でミステリアスな、“邪道”のラブゲームマンガだ。

【ここにも注目!】
単行本の背表紙には毎巻動物の顔が入っているが、これはそれぞれ“神様”が擬態した姿。気まぐれにいろんな動物の姿になる“神様”が、次は何に変身するかもちょっとした見どころだ。

(このレビューは第6巻時点のものです)

記事:ネルヤ編集部

関連リンク
◆連載作品紹介◆月刊YOU(「僕らはみんな死んでいる♪」)

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)