○○を描くかは少女マンガの分かれ道? やまもり三香、馬村のイラスト公開とともに語る


「ひるなかの流星」のやまもり三香氏が、17日、Twitterで同作の登場人物・馬村の半裸イラストを公開した。

このイラスト、当初はやまもり氏自身もなぜ描いたのか忘れてしまっていたのだが、その後「「乳首は描いた方がいいのか」ふと疑問に思って試しに描いてみたモノ」と思い出し、「馬村はヒョロいので皆さんの期待に添えないと思いますが一応アップしときます。」というコメントともにアップされた

この乳首問題について、やまもり氏は「乳首はあってもなくてもよい」と結論づけており、その後さらに「個人的に「乳首と鼻の穴と歯」を描くか描かないかは少女漫画の別れ道だと思います。」と語っている。

確かに鼻の穴や歯、男の乳首は作家によって描く・描かないが分かれるところ。乳首や鼻の穴を基準に少女マンガを分類してみるのもいいかも?

Amazon.co.jp

ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス) [書籍]

著者: やまもり 三香

出版社: 集英社

出版日: 2011-10-25

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 189

ISBN: 4088467086


記事:ネルヤ編集部

関連リンク
「ひるなかの流星」 やまもり三香 – マーガレット – 集英社

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)