試供品が話題になったゼブラのマンガ用Gペン、すでに出荷を開始


昨年Twitter上で話題になったゼブラのマンガ家用Gペンが、すでに本格生産に入り、出荷されていることがゼブラの公式アカウントのつぶやきで明かされた。

ゼブラのマンガ用Gペンは、昨年11月に久保ミツロウ氏が試供品をもらい受け、「ペンすべりが抜群に良くて強弱線軽く出るし、細い線の抜きも綺麗で長持ち」「ほんとにノーストレスだからペン入れも早くなる」と絶賛したことで話題になった。

今回話題になったのはこのマンガ用Gペンと思われ、マンガ家の落合ヒロカズ氏がゼブラ公式に販売状況について問い合わせると、「現在生産されているGペンはすべて改良品」と明かされた。ただし、店頭品は順次切り替わっている状態とのことで、店舗によっては旧来のGペンが残っていることもあるようだ。

5月頃から、改良品と見分けがつくよう、パッケージをリニューアルしての販売を予定しております(。・∀・。)ノ」とのことなので、確実に改良品を手に入れたい人は、この新パッケージを待つといいかもしれない。

Amazon.co.jp

ゼブラ 漫画用ペン先 Gペン No.G 100本 PG-6C-C-K

ゼブラ 漫画用ペン先 Gペン No.G 100本 PG-6C-C-K [不明]

価格: ¥ 8,640

出版社: ZEBRA(ゼブラ)

商品カテゴリ: オフィス用品

特徴: 【特長】弾力があり柔らかいため、筆圧により強弱のある線が描ける, 【色】クローム色, 【用途】漫画やイラストに, 【入数】10本入り×10個入り, 【注意】Gペンには、市販の適合する軸をご使用ください


記事:ネルヤ編集部

関連記事
「新しいペン先を火で炙る」は間違った作法? ペン先問題が話題に

関連リンク
ZEBRA | ゼブラ株式会社 | ボールペン・シャープペン・マーカー筆記具全般

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)