市橋ミツカを日本のマリリン・モンローに認定したい――「蜜ノ味」(元町夏央)


悪女モノだと聞いて読み始めた。「蜜ノ味」(元町夏央)は、市橋ミツカという女性の中学時代から結婚までを、さまざまな男たちの視点から切り取った連作作品だ。そこで描かれるミツカは、たしかに奔放だし、セルフィッシュであることに悪びれないから、「周りをメチャクチャにしないと生きられないのは病気だよ」と登場人物の一人、喜多ユウキくんにも指摘されちゃう。でもね、ある意味ユウキくんは間違ってると思うんだよな。

ミツカはたしかに性悪に見えなくはないけれど、よく読むと「周りが勝手にメチャクチャになってるだけ」な部分がある(この点はおそらく、作者本来の優しさが邪魔をしたせいだと思われる)。だからコレ、悪女モノではないと勝手に断定しちゃいたい。

ただし、ミツカは二股なんて当たり前というか、それがDNAに刻まれているかのように自然に振る舞うから、“常識人”である周囲と食い違う。でも、本人にはそのこと自体への疑問もなく、「え、ダメなの?」とも思わない。もちろん、打算でも処世術でもない。この素直であっけらかんとした感じが、悪女というより実にすがすがしいほどだ。ニンフォマニアでもないしね。

いいじゃないですか、こういう生き方。こういう作品。

ここ最近の音楽の歌詞に閉口している私は、本作のようなタイプの知的創作物が出てくることは大歓迎だ。だって、どの歌も表面的には周囲への愛や感謝を伝えるフリをしながら、根っこの部分では「自分かわいい」だけ。でなけりゃ、小学校の道徳の教科書みたいな常套句を繰り返してみたり……。そんなもん、人前に出していいレベルじゃない。

市橋ミツカは、どうしたって道徳の教科書には出てこないキャラだ。だけど、いいとか悪いとかじゃなく、こういうキャラがどこかにいないと、世の中おもしろくない。だからこそ、こういう作品の存在は貴重なのだ。

マリリン・モンローことノーマ・ジーンは、自分の胸や尻ばかりを見られることに悩み抜いたらしい。そして、マリリン・モンローであることを演じきれず、人気の絶頂で非業の死を遂げちゃう(自殺説とか暗殺説とか、いろいろあるよね?)わけだけど、ミツカならその程度のことでは悩まないだろう。というわけで、私は市橋ミツカを日本のマリリン・モンローに認定したいと思う次第。

もっともっとハジけたミツカを主演にした続編を読みたい。

Amazon.co.jp

蜜ノ味 (Feelコミックス)

蜜ノ味 (Feelコミックス) [書籍]

著者: 元町 夏央

出版社: 祥伝社

出版日: 2012-05-08

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 216

ISBN: 4396765487


(本作は1巻完結です)

記事:浮田キメラ
幼少時よりのマンガ狂で、少年ジャンプ創刊号をリアルタイムで買った経験もある。
「上手にホラを吹いてくれる作品」が好み。

関連リンク
フィール・ヤング | FEEL YOUNG

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)