いつもの小田扉ワールドに見え隠れする“恐ろしさ”――「ちょっと不思議な小宇宙」(小田扉)


Amazon.co.jp

ちょっと不思議な小宇宙 (アクションコミックス)

ちょっと不思議な小宇宙 (アクションコミックス) [書籍]

著者: 小田 扉

出版社: 双葉社

出版日: 2012-07-12

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 138

ISBN: 4575840955



「ちょっと不思議な小宇宙」(小田扉)
シュール度:★★★★★
爆笑度:★★★★☆
恐怖度:★★★½☆

小田扉といったらもうマンガ好きにとってはメジャーな存在なので、人によっては「今さら小田扉かよ」と思うかもしれない。オムニバス連載をまとめた本作も、いい意味で「いつもどおりの小田扉」であり、「プロレスが野球のようにペナントレースになっている世界」など、シュールな世界の当たり前を淡々と描き、存分に笑わせてくれる。

だが、本作に収録されているいくつかの話を読んでいて感じたのは、面白くてほんわかした作風の裏に隠れている小田扉の発想の恐ろしさだ。作品自体は間違いなくほんわか系であり、ギャグマンガだ。でも、その設定や物語の切り口は、実はブラックジョーク的なものもある。“いつもどおり”だけど、そういう小田扉の底知れなさを感じさせる作品集だ。

【ここにも注目!】
どれをとってもレベルの高い話ばかりだが、とにかく収録作中の「青」シリーズは必見。爆笑だけど、切なさや怖さがにじみ出ているような話ばかりだ。そのほか、「何系男子?」もそこはかとなく狂気を感じさせる部分が……。

(本作は1巻完結です)

記事:ネルヤ編集部

関連リンク
ちょっと不思議な小宇宙 │ Web漫画アクション堂 – Web限定漫画 無料配信中!

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)