“無口×無口”の純情恋模様にめいっぱいキュンキュンしろ!!――「日々蝶々」(森下suu)


全国の「じれったい恋」愛好家の皆さん、胸キュンの準備はいいだろうか。今日はレビューではない。朗報だ。「日々蝶々」(森下suu)は必ずやあなたをキュンキュンさせてくれるはずだから。

とまぁ、興奮気味に書き始めてしまったが、それくらい圧倒的な初々しさなのだ。

「日々蝶々」は、学校一の美少女・すいれんが主人公の恋物語だ。少女マンガで“学園のマドンナ”が主人公というのはちょっと珍しい。当然だ。生まれついての完璧美少女なんて、多くの人はなかなか感情移入できない。男性誌ラブコメだって、完璧超人みたいなイケメンが主人公だったら、男性読者は腹が立ってくるだろう。だから、飛び抜けた美少女やらイケメンが主人公になるときは、たいがい「残念な」という設定がつけられる。

しかし、すいれんは疑いなく純正のマドンナだ。クラスの男子は全員見とれ、学校中で噂になり、果ては「(高嶺の花の)高嶺ちゃん」なんてあだ名まで付けられる。性格に裏表があるわけでもなく、純情可憐そのものだ。

ここまで読んだら、たいていの人は「それでどうやってじれったい恋になるんだよ」と思うだろう。そんな美少女が恋をしたら、当然すぐに叶ってしまう。

ところが、じれったいのだ。なぜなら、すいれんは極度の純情少女で、かつ信じられないほど無口だから。

どれくらい無口かというと、第1話、回想シーンを除いてすいれんが喋るのは「よろしくね」というたった一言だけ。回想シーンを入れてもフキダシがついているのは合計5回だけだ(しかも、うち1つは「…………」)。

そんな彼女が出会うのが、空手男子の川澄くんなのだが、彼もまた無口。女の子慣れしてなくて、口べたな男の子なのだ。

こういう2人だから、話はなかなか進まない。まともに会話するまで何話かかるんだ、というくらいじれったい。すいれんにいたっては、自分の恋心に気付くのにもかなりの時間がかかっている。

だけど、それがいいのだ。普段は無口で無表情、感情の動きも乏しそうなすいれんだからこそ、ふと見せる表情の変化や、行動、言葉がたまらなくキュンとくる。純情少年の川澄くんは、当然そんな微妙な感情表現に気付かないのだけど、そういうところがまたいちいち初々しくてドキドキしてしまう。

1巻が終わった時点で、ようやく知り合いになったかという程度のこの2人。じれったくて仕方ないんだけど、一方でずっとその初々しさを眺めていたいような、とびきりの少女マンガだ。

Amazon.co.jp

日々蝶々 1 (マーガレットコミックス)

日々蝶々 1 (マーガレットコミックス) [書籍]

著者: 森下 suu

出版社: 集英社

出版日: 2012-07-25

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 178

ISBN: 4088468023


(このレビューは第1巻までのものです)

記事:小林聖
フリーライター。ネルヤ編集長。Twitterアカウントは@frog88

関連リンク
集英社 マーガレット公式HP*連載まんが紹介「日々蝶々」 森下suu
7/25(水)発売試し読み|日々蝶々 1巻

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)