明治期の横浜、読めばホッと一息つかせてくれる“カフェー”の日常――「ちろり」(小山愛子)


Amazon.co.jp

ちろり 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

ちろり 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル) [書籍]

著者: 小山 愛子

出版社: 小学館

出版日: 2012-02-10

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 157

ISBN: 4091235867



「ちろり」(小山愛子)
かわいさ:★★★★☆
叙情感:★★★½☆
ホッと一息度:★★★★★

「なんてことない話」というのは貴重だ。明治時代の横浜にある“カフェー”を舞台にした本作は、主人公・ちろりのある朝の出来事、衣替えした日、花火の一日など、ちょっとした日常の出来事を描いている。あらすじにすると1行か2行ですんでしまうような、なんてことない話だ。

だけど、本作には独特のみずみずしさがある。あくせくした日常を離れて、実際に穏やかな喫茶店で一休みしているような気持ちになれる。あわただしい一日の終わりに、コーヒーでホッと一息なんてときにお供にしたい作品だ。

【ここにも注目】
舞台が文明開化直後ごろの明治ということで、ちろりをはじめとした登場人物は基本的に着物姿。このときのうなじがですね! するりとやわらかなうなじの描線がですね! もう大変すばら……あ、長くなるからもういい? はい。

(このレビューは第2巻時点のものです)

記事:ネルヤ編集部

関連リンク
小学館コミック -ゲッサンWEB-:作品紹介 ちろり

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)