原作そのままの絵で聖帝・サウザーがダメ人間化する、今年度No.1の著作権の無駄遣い――「北斗の拳 イチゴ味」(原案:武論尊・原哲夫/シナリオ:河田雄志/作画:行徒妹・協力:行徒)


歴史的ヒット作のスピンオフというのは、このところすっかり定着してきた。もちろんオリジナルの作者本人が手がけるものは昔から多いが、最近は別の作家が描くパターンも多い。もっとも代表的なのは機動戦士ガンダムで、外伝からパロディまでさまざまな形で派生作品が生まれている。最近だと「進撃の巨人」(諫山創)あたりは、連載中でありながらスピンオフが次々に誕生している。

そんな感じで、なんだかかたい感じで始めてしまったが、今回取り上げる作品はそんなマジメに話すような作品ではない。一言でいうなら、バカ。2文字ですむ。だが、2文字ですますと手抜き原稿だと思われるので、残念ながらもう少し書かないといけない。でも、最後まで読んでも「この作品はバカだ」ということしか書いてないので、読むのが面倒な人はそれだけ覚えて帰ってもらっても差し支えない。

そんなわけで、今回取り上げる「北斗の拳 イチゴ味」(原案:武論尊・原哲夫/シナリオ:河田雄志/作画:行徒妹・協力:行徒)は、タイトルを見ればわかるとおり、「北斗の拳」(原作:武論尊、作画:原哲夫)のスピンオフ、というかパロディギャグだ。北斗パロディといえば、2頭身キャラによる「DD北斗の拳」(原作:武論尊・原哲夫/漫画:カジオ)があるが、本作はというと原作そのままの絵柄でのパロディ。単行本のカバーまで当時のジャンプコミックスを模しており、遠目から見るとオリジナルかと勘違いしてしまう出来映えだ。

なのだが、よく見ると「退かぬ・媚びぬ・省みぬ」でおなじみの聖帝・サウザーがイラッとする表情で「聖帝軍へようこそ!」とか叫んでいて、「あ、もしかして頭おかしいのかな?」と気付かせてくれる。そう、本作は原作そのままの絵柄で、主に残念なサウザーを主役にしたギャグなのだ。

もう第1話からひどい。サウザーが「この体には北斗神拳はきかぬ!!」という例の名台詞をいったかと思うと、「だからといって殴られていたくないとかそういうことではない!!!」とかっこよく宣言してみたり、天翔十字鳳の構えでダブルピースかましてみたりと、なまじ絵がそのままなだけに、ダメ人間感が際立っている。まずサウザーにイラッときて、次にGOを出した編集部の精神状態が心配になり、最後に読んで笑いをこらえられない自分に嫌気がさす。悪夢の三段構えだ。

そもそも「北斗の拳」といったら、超大物コンテンツだ。第3者がタイアップしようと思ったらいくらかかるかわからない。それをね、こう、このバカバカしさに無為に突っ込む。今年度というか、おそらく国内でも屈指の著作権の無駄遣いだ。

なぜ誰も止めなかったのか。あろう事か、巻末には(ジャンプコミックスの読者ハガキコーナーそっくりのテイストで)原哲夫先生までノリノリでコメントしている。なぜ誰も止めなかったのか(2回目)。

何だったら原先生が許しても俺が許さんくらいのことをいうべきなんじゃないかと、読後しばらく考え込んでしまった。「愛深きゆえに人は苦しまねばならん」というのはこういう気持ちを表した言葉だったんじゃないだろうか。

とりあえず、1巻と銘打たれてはいるものの、続編が描かれるかどうかは1巻の売れ行き次第という身も蓋もない告知が掲載されているので、バカとはどういうことかを知りたい人はもちろん、愛深きゆえに苦しんでいる人とかにも読んでもらって深く考えるのがバカらしくなったりしてもらうのがいいのではないかと思う。

Amazon.co.jp

北斗の拳 イチゴ味 1 (ゼノンコミックス)

北斗の拳 イチゴ味 1 (ゼノンコミックス) [書籍]

価格: ¥ 607

著者: 行徒妹, 河田 雄志, 原 哲夫, 武論尊, 行徒

出版社: 徳間書店

出版日: 2013-09-20

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 162

ISBN: 4199801650


(このレビューは第1巻時点のものです)

記事:小林聖
フリーライター。ネルヤ編集長。2012年はだいたい1000冊ちょっとマンガを買ってました。Twitterアカウントは@frog88

関連記事
少年シリウス、「進撃の巨人」スピンオフ連載開始で難民注意報

関連リンク
WEBコミックぜにょん – Yahoo!ブックストア
「北斗の拳 イチゴ味」の検索結果 – Yahoo!ブックストア(無料公開分あり)

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)