“ほっこり”かつ“爆笑”の子どもご近所活劇——「ふたご侍」(梅本チンウー)


 

Amazon.co.jp

ふたご侍 (1) (バーズコミックス)

ふたご侍 (1) (バーズコミックス) [書籍]

著者: 梅本 チンウー

出版社: 幻冬舎コミックス

出版日: 2012-07-24

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 126

ISBN: 4344825535



「ふたご侍」(梅本チンウー)

かわいさ:★★★★★
おバカ度:★★★★☆
爆笑度:★★★★☆

「子どもと動物は強い」というのは広告業でよくいわれることだけど、マンガでもやっぱり強い。だけど、子どものほっこり感を描ける人は多くても、ワクワク感あふれるものや、爆笑できるものは滅多にない。

とある双子の日々を描いた本作は、子どものかわいい感とおバカ感がバッチリ噛み合っている。たとえば、第1話。カップラーメンを作るというたったそれだけの話なのに、大スペクタクルみたいに描いてみせてくれるのだ。子どもの頃の、何もかもが新鮮だった感じと、全力でバカだった感じを同時に味わえる。うーん、こんな生活、してみたーい!

【ここにも注目!】
子供モノで意外と重要なのが、大人。大人がきちんと一緒にバカをやっていないと、楽しそうな世界ってできないんですよね。本作は双子の母親をはじめ、大人がいい意味で双子と同じ目線で遊んでいる。このお母さん、魅力的だよなぁ。

(このレビューは第1巻時点のものです)

記事:ネルヤ編集部

関連リンク
ふたご侍:作品・シリーズ | 幻冬舎コミックス GENTOSHA COMICS

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)