編集長の“今月はこれにハマった!”(2013年1月)


1か月にレビューした作品のなかから、ネルヤ編集長・小林が独断と偏見で特にハマったものを厳選してピックアップ。「うわー、1月レビュー書けてねー」という青ざめるような現実を目の前にしつつ、今月は厳選4作品をご紹介します。

推理とかミステリーを期待するべからず! このホームズが挑むのは「地面に人が突き刺さってる」事件とかだから!!——「ほぼ在宅探偵ホームズ」(青色イリコ)

Amazon.co.jp

ほぼ在宅探偵ホームズ 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)

ほぼ在宅探偵ホームズ 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ) [書籍]

著者: 青色イリコ

出版社: マッグガーデン

出版日: 2012-12-14

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 157

ISBN: 4800000742



小林:
「ハナチュウ」が非常にツボだったので、新作にも期待していたのですが、いやぁ、まさかのナイスタイトル詐欺。過去の名探偵たちに土下座してまわって欲しい、素晴らしい突き抜けっぷりです。早く続き出ないかなぁ。

「パンツは布であり、同時に下着である」を理解できない不器用な男のバカバカしいかわいさ——「夜の須田課長」(クマザワミキコ)

Amazon.co.jp

夜の須田課長  (リュウコミックス)

夜の須田課長 (リュウコミックス) [書籍]

著者: クマザワ ミキコ

出版社: 徳間書店

出版日: 2012-12-13

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 161

ISBN: 4199503188



小林:
COMICリュウという雑誌は本当に不思議な雑誌で、男性誌的なお色気というかエッチ路線の「モンスター娘のいる日常」みたいな作品がある一方で、思春期のセクシャリティを扱った「ぼくらのへんたい」が載ったりするわけです。で、そうかと思えば本作のように、大人の男のバカバカしくもかわいらしい姿を、あけすけな描写とともに提示する作品が出てきたりもして。同じ「エッチ」まわりのテーマだけでもこれだけ雑多な作品が出てくるのは凄まじいなと改めて思います。

建て増しされるアキタランドの想像力——「アキタランド・ゴシック」(器械)

Amazon.co.jp

アキタランド・ゴシック (1) (まんがタイムKRコミックス)

アキタランド・ゴシック (1) (まんがタイムKRコミックス) [書籍]

著者: 器械

出版社: 芳文社

出版日: 2012-03-27

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 120

ISBN: 483224132X



小林:
刊行がずいぶん前なので、1月の作品という枠で挙げるのはおかしな感じもしますが、レビューで扱ったのがこのタイミングだったので、やはりここで扱うしかなかろうということで。今年は意識して4コマを読んでいこうと思っていますが、やっぱりオススメする人が多い作品は面白いですね。ここ最近、4コマはこういう一種のセンス・オブ・ワンダーみたいなものを持った作家さんが多い印象です。2巻で完結らしいですが、新作の到着を楽しみにしています。

奇手なしで笑わせる恐るべき実力派ギャグ——「午後のグレイ」(活又ひろき)

Amazon.co.jp

午後のグレイ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

午後のグレイ(1) (ヤンマガKCスペシャル) [書籍]

著者: 活又 ひろき

出版社: 講談社

出版日: 2013-01-04

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 176

ISBN: 4063822540



小林:カバーを目にした段階では「かわいい女の子宇宙人をからめたコメディかな?」くらいに思っていたんですけど、読んだら凄まじい破壊力。ネタ自体が尖っているというよりも、料理の仕方、演出が秀逸で本当にツボでしたね。何度読んでもトイレで泣いてるシーンで噴く。

記事:ネルヤ編集部

関連記事
編集長の“今月はコレにハマった!”(2012年12月)
編集長の“今月はコレにハマった!”(2012年11月)

関連リンク
マッグガーデン・コミック・オンライン – 全部無料で読める! マンガの庭!(「ほぼ在宅探偵ホームズ」)
夜の須田課長|月刊COMICリュウ
まんがタイムきらら – 作品紹介ページ – まんがタイムきららWeb
月刊ヤングマガジン|午後のグレイ|作品紹介|講談社コミックプラス

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)