少女の上位概念としての「男の娘」——「君の中の少年思考」(金子歩)


「君の中の少年思考」(金子歩)1巻の帯には「ノンケの君にバーン!」というフレーズが入れられている。そう、本作は「エロ大臣」と呼ばれる男子高生の反町と、男の娘系の同級生(男)のラブストーリーなのだ。

カバーにも描かれているヒロイン(?)の環は、絵だけ見れば男か女かわからないし、本編でも「女の子っぽさ」を感じさせる仕草や振る舞いが強調されている。だけど、そうはいっても男だし、本作ではけっこうしっかりとエロシーンにも踏み込んでいるわけだから、その気のない人間にはハードルが高い……と思って読むと、これが不思議と面白いのだ。環に興奮するということは(とりあえず僕は)なかったが、恋愛物語としての妙な初々しさと痛々しさが強烈で、帯に偽りなく、ノンケでも不思議な感覚に包まれる作品だ。

“男の娘”は基本的にキワモノジャンルにカテゴライズされる。まぁ、「女の子らしい女の子」でなく「女の子みたいな男の子」をあえて男性として選ぶというのだから、マイノリティなのは当然といえば当然だ。だが、その一方で、実は男の娘は、もっとも純然たる少女であるという側面も持っている。

物語における「少女」というのは、「他者の視線が見出すセクシャリティを、自身が受け入れられていない状態」にある(主に)女性である話を、「ぼくらのへんたい」(ふみふみこ)のレビューでした。そのギャップに本人が苦悩する様子を描けば、「ぼくらのへんたい」のような少女マンガ的文脈での少女性になる。一方で、男性的な文脈や視点で語られる男の娘は、イノセンスの象徴になる。

つまり、男性的、あるいは萌えとしての少女というのは、「セクシャルな対象になりうる身体」を持ちつつ、「内面はセクシャリティを自覚していない」という存在だ。といわれても、どういう意味かわからないだろう。あけすけな言い方をすれば、それはつまり「かわいい処女」だ。

もちろん、「少女」というのは性経験の有無で区分されるわけではない。だが、男性マンガ的文脈でいえば、あえて「少女」と規定されるものは、ニアイコールで処女と一致する。要するに、「セクシャルだけどセクシャルじゃない」「エロいけど無垢(イノセンス)」というギャップが少女を女性でなく、少女たらしめているわけだから、基本的には処女のほうがいい都合がいいわけだ。

だが、「かわいい処女」というのは今、絶滅危惧種だ。現実世界で少ないという意味ではない。物語において、「かわいい処女」という設定は、ハードルが上がっているのだ。

萌え系の物語において、ここ数年「○○は処女」「非処女確定」という論議がネット上でなされ、しばしば激論を呼ぶことがある。で、実際設定的に「まぁ、処女でいいだろう」というヒロインは数多く存在するし、設定として死んではいない。だが、逆にいえば「そんな激論を経なければならないほど、『かわいい処女』は簡単に信じられる存在ではない」という状態だともいえる。要するに、AKB48が「恋愛禁止」をわざわざ公約として掲げる必要に迫られるくらい、人々はもう牧歌的に「かわいい処女」を信頼できないところに来ているのだ。

男の娘の隆盛は、そういう背景と密接に関わっている。つまり、「かわいい女の子が処女である」という物語を我々はもう牧歌的に信じることはできないけれど、「かわいい男の子が処女である」はほとんど無条件に信じることができる。実際、男の娘キャラが処女(童貞?)かどうかという議論は、ほとんどなされることがない。彼らのイノセンスは、疑う必要がないのだ。

「君の中の少年思考」はそういう男の娘のギリギリのバランス感をうまく突くことで、エロと純愛の融合を果たしている。環は、かわいいし、モテるし、実はエロいけど、天然でピュアであるという文脈で描かれる。これを女性で置き換えたら、おそらく都合がよすぎるし、カマトトっぽすぎて、どうにもならなくなるだろう。だけど、環は男の娘であるという1点でここを突破している。そして、男同士であるという障害、社会的反発が強い関係であることが、反町と環の“純愛っぽさ”を際立てている。

そこでは、環(男の娘)は、少女の代替ではなく、むしろ上位互換として機能しているといっていい。本作の舞台が、男子校ではなく、あくまで共学なのも象徴的で、反町はあえて環を選んでいるのだ。

ピュアで隠微で、正しくて邪道な思春期ものというアンビバレントな魅力を持った怪作だ。

Amazon.co.jp

君の中の少年思考 1 (ジェッツコミックス)

君の中の少年思考 1 (ジェッツコミックス) [書籍]

著者: 金子 歩

出版社: 白泉社

出版日: 2012-11-29

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 166

ISBN: 4592148037


(このレビューは第1巻時点のものです)

記事:小林聖
フリーライター。ネルヤ編集長。年末は「どうぶつの森」で過ごします。Twitterアカウントは@frog88

関連記事
【レビュー】失われた“少女性”を蘇らせたのは男の娘だった――「ぼくらのへんたい」(ふみふみこ)

関連リンク
ヤングアニマル炎の新作RUSHフェア|ヤングアニマル

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)