総票数約4000票! Twitterユーザー有志企画「 #俺マン2012 」集計結果発表、第1位は「俺物語!!」


Twitterユーザーが各々の年間ベストコミックを選ぶ有志企画「俺マン2012」の集計結果が、7日夜、阿佐ヶ谷ロフトAでのトークイベント「ネルヤナイト 俺マン2012スペシャル」で発表された。第1位に輝いたのは「俺物語」(作画:アルコ/原作:河原和音)。

「俺マン」は、「俺マンガ大賞」を略したもの。参加資格もレギュレーションもなく、各参加者が独自に自分にとっての年間ベストマンガを選び、共有するのを目的としてユーザー有志で立ち上げられた。2011年に続き、2回目となる今回は「#俺マン2012」というハッシュタグが使われ、12月31日までに計3948票、1208タイトルと、総投票数、総タイトル数ともに前年の2倍以上の規模となった。

85票を獲得し、第1位となった「俺物語!!」は、別冊マーガレットで連載中の作品。少女マンガ誌でありながら、ゴツい系男子・剛田猛男が主人公というビジュアル的なインパクトに加え、恋愛、友情、ギャグなどを盛り込んだ笑って泣ける内容で人気を集めている。なお、同作はこれまでにコミックナタリーの「マンガ秋100」、宝島社の「このマンガがすごい!2013」オンナ編などで1位を獲得。2012年のランキング企画を席巻してきた。

以下、第2位に「暗殺教室」(松井優征)、第3位に「ハイスコアガール」(押切蓮介)と「式の先日」(穂積)が続いている。上位20作品は以下のとおり。20位以下のランキングは俺マン特設ページにて別途掲載の予定。

第1位(85票)
「俺物語!!」(作画:アルコ/原作:河原和音)
第2位(69票)
「暗殺教室」(松井優征)
第3位(61票)
「ハイスコアガール」(押切蓮介)
「式の前日」(穂積)
第5位(56票)
「空が灰色だから」(阿部共実)
第6位(43票)
「ハイキュー!!」(古舘春一)
第7位(42票)
「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子」(九井諒子)
第8位(32票)
「3月のライオン」(羽海野チカ)
第9位(31票)
「変身のニュース」(宮崎夏次系)
第10位(30票)
「ボールルームへようこそ」(竹内友)
第11位(29票)
「銀の匙 Silver Spoon」(荒川弘)
「ゴーグル」(豊田徹也)
第13位(27票)
「すみれファンファーレ」(松島直子)
「orange」(高野苺)
第15位(26票)
「千年万年りんごの子」(田中相)
第16位(25票)
「彼女とカメラと彼女の季節」(月子)
第17位(23票)
「四月は君の嘘」(新川直司)
「人間仮免中」(卯月妙子)
「ワンパンマン」(作画:村田雄介/原作:ONE)
「ひとりぼっちの地球侵略」(小川麻衣子)

記事:ネルヤ編集部

Amazon.co.jp

俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)

俺物語!! 1 (マーガレットコミックス) [書籍]

著者: 河原 和音

クリエーター: アルコ

出版社: 集英社

出版日: 2012-03-23

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 97

ISBN: 4088467566



Amazon.co.jp

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス) [書籍]

著者: 松井 優征

出版社: 集英社

出版日: 2012-11-02

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 1

ISBN: 4088705963



Amazon.co.jp

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー) [書籍]

著者: 押切 蓮介

出版社: スクウェア・エニックス

出版日: 2012-02-25

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 173

ISBN: 4757535120



Amazon.co.jp

式の前日 (フラワーコミックス)

式の前日 (フラワーコミックス) [書籍]

著者: 穂積

出版社: 小学館

出版日: 2012-09-15

商品カテゴリ: コミック

ページ数: 187

ISBN: 4091345859


関連記事
今年のマンガの話をしよう #俺マン2012
【TLトピックス】Twitter発のパーソナルランキング企画「 #俺マン2012 」が今年もいつの間にかスタート
【TLトピックス】#俺マン2012 を総決算! ネルヤ初のトークイベント開催
【レビュー】「※ただしイケメンに限」らない、ゴリラ系男子の恋と友情――「俺物語!!」(作画:アルコ/原作:河原和音)
【ショートレビュー】不気味な破壊者か、愛すべきヒーローか? 異端かつ王道というアンビバレントな少年マンガ――「暗殺教室」(松井優征)
【レビュー】今もっとも書店員TLを沸かせる、穂積という静かな衝撃――「式の前日」(穂積)

No comments yet.

この記事にコメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)